シャトー・ラグランジュ

シャトーラグランジュはフランス・ボルドーのメドック地区サンジュリアン村にあります。
1855年からボルドー・メドックの公式格付けで「グラン・クリュ3級」に格付けされているワイナリーです。

シャトーラングランジュでは、砂利の粒の大きさや砂・粘土の混ざり具合などが異なる複雑な土壌を100以上の細かな区画に分け、それらの区画に最も適したぶどう品種を栽培し、生育状況をきめ細かく管理しています。

“テロワール(土壌・気候・場所など、ぶどうを栽培する環境)の力を最大限に引き出す”をモットーに、メドックを代表するシャトーとして、誰もが認める優れた品質のワインを生み出しています。