毎日の一杯に、ヨーグルトのお酒。

当店お取り扱いのヨーグルトのお酒 北の牧場からヨーグルトアロエヨーグルト をご紹介いたします!

北の牧場からヨーグルト(北岡本店/奈良県)

内容量:720ML
価格:1,400円
ヨーグルト、醸造アルコール、糖類、酸味料、alc9%

北海道南西部・伊達市の「牧家牧場」で造られた、上質なヨーグルトを使用したリキュールです。濃厚でクリーミー、絹のような滑らかな舌触りは絶品です。ミルク本来のふわりとした甘さと、穏やかな酸味は後味もよく、ストレートで頂くのがオススメです!マンゴーやみかんなど他のフルーツジュースとミックスしても美味しく頂けます!

 

アロエヨーグルト(北岡本店/奈良県)

内容量:1800ML
価格:2,800円
アロエベラ、ヨーグルト、醸造アルコール、糖類、乳酸、香料

整腸作用のあるヨーグルトと美肌効果のあるアロエが一緒になった、アロエヨーグルトのお酒です。爽やかな甘みと、つぶつぶとしたアロエの触感がたまりません!食後のデザート感覚で、ストレートで頂くのがオススメです。

ヨーグルトはいつ食べるのが効果的?

腸内環境改善、花粉症やアレルギー対策・改善などあらゆる健康に良い食べ物「ヨーグルト」ですが、皆さんは一日の中でいつヨーグルトを食べますか?なんとなく朝食の時に食べるイメージがありますが、実はヨーグルトの効果を最大限に引き出すためには夜に食べるのがよい、という一説があります。夜2時~深夜2時は、副交感神経(人がリラックスするときに優位になる神経)が活性化する時間、つまり一日の中で腸が一番活発になる「腸のゴールデンタイム」。その時間に合わせて、就寝の2~3時間前にヨーグルトを摂取することで、より効果が期待できるそうです。

また、冷蔵庫で冷やした冷たいヨーグルトを食べるのではなく、電子レンジなどで少し温めて食べることで腸内の温度との差が少なくなるため効率よく乳酸菌を取り入れることができるという一説もあります。

いずれにしても、よい腸内環境は一日にして成らず、毎日継続してヨーグルトを摂取する必要があります。お休み前にヨーグルトのお酒を一杯、を続けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

関連記事

  1. 県内限定、20°の焼酎。

  2. 伝統技法が光る、壱岐焼酎。

  3. 冷涼、大人のかき氷。

  4. 夏の到来。

  5. 丹誠込めた、大分の日本酒。

  6. 小さな蔵が醸す、極上の日本酒。