力強い味わい、白河の日本酒。

当店お取り扱いの日本酒より、大谷忠吉本店(福島県白河市)の 登龍 をご紹介いたします!

 特別純米 登龍

内容量:720ML/1.8L
価 格:1,300円/2,600円
米(国産)、米麹(国産米)、alc16%

福島県産米・チヨニシキと那須山系の伏流水を使用し、丁寧に仕込まれています。地元の米・水・人にこだわり造られるお酒で、地元からも愛されている逸品。旨味を引き出すために麹歩合を高め、フルーティさを閉じ込める為に絞り直後に瓶詰め冷蔵を徹底した、まさに渾身のお酒です。

 

 男気溢れる、力強い味わい。

【福島県立白河高校の学校案内より。 表紙にも「登龍」と力強く記されています。】

この「登龍」という名前は、大谷忠吉本店の二人の杜氏が卒業した白河高校に伝わる「登龍健児」という言葉が由来になっています。かつて白河高校は男子高校であったことから、地元では男気溢れる少年のことを「登龍健児」と呼んでいるそうです。その名前の由来通り、男気があふれる力強い味わいが感じられるお酒です。

ラベルにある「27BY」

登龍のラベルをよく見てみると、右上部に小さく「27BY」という表記があります。BY=ブルワリーイヤー(醸造年度)を表しています。ただし、単に「平成27年に醸造された」ということではありません。お酒の一年は年度始まりが7/1、年度終わりは6/30になります。そのため、「27BY」=平成27年の7/1~平成28年の6/30に醸造された ということになります。大谷忠吉本店のすべてのお酒に、このような表記がされていますので、お手に取る際には是非注目してみてくださいね。

関連記事

  1. さっぱり夏気分!パインのお酒。

  2. 秋の味覚のお供に、京都のひやおろし。

  3. 果肉45%、濃厚さ抜群のにごり梅酒。

  4. つぶつぶ、夏みかんのお酒。

  5. どろっと濃厚、にごり梅酒。

  6. 毎日の一杯に、ヨーグルトのお酒。