深い味わい、深山ぶどうのお酒。

当店の果実酒の中から、ブランデーベースの味わい深い葡萄酒 深山ぶどうご紹介いたします!

深山ぶどう

内容量:720ML/1.8L
価格:1,400円/2,800円
赤葡萄、ホワイトブランデー(グラッパ)、ライム、alc8%

ポリフェノールが豊富に含まれている赤葡萄と、西山酒造場独特の蒸留を施したグラッパ(葡萄焼酎のようなもの)とで造りました。あまりの美味しさにスルスルと喉を流れていきます。天満天神梅酒大会2014リキュール部門「優勝」の葡萄好きにはたまらない味わいです。ロックでまたは冷やしてストレートでどうぞ!!

 グラッパとは?

この「美山ぶどう」のベースとなっているホワイトブランデー・グラッパ。グラッパとはブランデーの一種で、ワインを作るときに出るぶどうの搾りかすを加水・加糖せずにそのまま蒸溜させてつくるお酒です。このような製法を用いて、イタリアで作られたものは「グラッパ」、フランスで作られたものは「マール」と呼ばれます。本場イタリアでは食後酒としてよく飲まれています。たっぷりと砂糖を入れたエスプレッソをくいっと一口に飲み、その器にグラッパを入れてまたくいっと飲む「レゼンティン」という独特の飲み方もあるそうです。

グラッパがよく飲まれるようになったのは10世紀頃。その頃のヨーロッパでは、ブドウを原料としたワインは上流階級の人々が飲むことができる高級品でした。ワインの原料となるブドウを栽培していた農民は、自分たちのブドウで作ったワインを飲むことができず、ワインを作った時にできたブドウの絞りかすを蒸留しグラッパを作ったと言われています。

 

関連記事

  1. しぼりたてそのまま、新酒直汲みのお酒。

  2. 片岡鶴太郎氏作のラベルが光る、月の井の吟醸酒。

  3. 手頃に楽しめる、香り豊かなフランスワイン。

  4. 香り鮮やか、さわやかな味わいの純米吟醸酒。

  5. 長期熟成、至高の麦焼酎。

  6. 果実そのままの旨味、青短の果実酒。