丁寧な仕込み、伝統の焼酎。

奈良酒の伝統を守り、丁寧な酒造りをし続ける名酒蔵「八木酒造」。

八木酒造の人気商品”花札シリーズ”より芋焼酎「萩に猪」・麦焼酎「紅葉に鹿」が入荷いたしました。

萩に猪

奈良県産のさつま芋を贅沢に使い、濾過を殆どせず、旨みをたっぷりと残しました。素朴で大胆な芋の風味を味わうことができます。ラベルに描かれた日本の伝統的なカード、花札「萩に猪」は武骨で猪突猛進な味わいをイメージしています。

原材料:さつま芋(国産)、米麹(黒麹 国産米) alc 25%

容量:720ML/1.8L

価格(税別):1,143円/2,286円

紅葉に鹿

 

国産大麦を白麹で丁寧に仕込みました。上品で豊かな香りが特徴の麦焼酎です。ラベルには花札「紅葉に鹿」が描かれおり、神秘的で高貴な味わいをイメージしています。

原材料:麦、麦麹(国産麦100%使用) alc7%

容量:720ML/1.8L

価格(税別):1,143円/2,286円

八木酒造/奈良県奈良市

奈良公園の南東に、名水どころとして「清水町(しみずちょう)」と呼ばれる地域があります。その地域には、江戸時代以前から奈良酒を製造する酒蔵がいくつか並んでいました。明治十年、その中の一軒の酒蔵を継承し、その伝統を今につないでいるのが「八木酒造」です。

世界遺産「春日山原始林(かすがやまげんしりん)」の山麓にある八木酒造。そのあたりの地下には、春日大社の神山として古くから保護されてきた原始林の恵み豊かな水が流れていると言われています。八木酒造は今も、その地下水を蔵内の深井戸から汲み上げて酒造りに使用しています。

効率を求めず、量産を望まず、酒造りに対して丁寧さをつらぬく。まさしく「奈良酒の伝統を今に伝える」酒蔵と言えます。

関連記事

  1. 大人の味わい、生姜とかぼすのお酒。

  2. 入魂の逸品、福岡の日本酒。

  3. 豊かな甘み、桃のお酒。

  4. まるでワイン、甘い日本酒。

  5. 群馬から世界へ、だれもが認める日本酒。

  6. 暑い夏には「爽やか」リキュール!!